「私のこと嫌い?」次のデートの約束を保留にする男の理由と対策

「私のこと嫌い?」次のデートの約束を保留にする男の理由と対策

「私のこと嫌い?」次のデートの約束を保留にする男の理由と対策

 

デートの終わりに、「次のデートいつにする?」と聞いても、いつも答えは決まって「保留にしといて」という彼、いませんか。次のデートの約束を先延ばしにする男ならではの理由と、保留にされない対策をお伝えします。

 

次のデートの約束が決められない男

 

「私のこと嫌い?」次のデートの約束を保留にする男の理由と対策

 

今付き合っている彼だけではなく、男性の中にはあえて約束をしたがらない人もいます。女性からすれば「あれ?キモチが冷めちゃったのかな・・・」と心配になってしまうかもしれませんが、必ずしも嫌いになったわけではないのです。そもそも自由主義で、約束という習慣が堅苦しいなんて思う人ほど、約束は避けるもの。約束をしないので、「明日会えるかな」とメールしてきて、いつも彼女のほうが土壇場で合わせるケースも。会えるのは嬉しいものの、約束はせずなぜ直前で会おうとするのでしょうか。

 

なぜ直前になって会おう!と言い出すの?

 

「私のこと嫌い?」次のデートの約束を保留にする男の理由と対策

 

たとえば仕事で忙しい時は、彼女のことは好きでも、会うための時間を作ったりするのがダルいと思うことも。かといって、彼女に家に来られてもゆっくりできないし・・・という本音も。直前になって会いたいと言う男性は、自分のキモチで行動していることが多いのが特徴。自分がスタンバイできれば「会える」と、決めます。つまり、1週間前のデートの時は、翌週の自分の状態はわからないため、あえて保留に。キモチが整ってから自分にGOを出すので、「明日会える?」とメールしてくるのです。自分勝手な感じですが、キモチに正直に生きていることの表れでもあります。キモチの他にも、デートの約束をしない理由を、6つご紹介します。

 

彼女との約束、決断を後回しにする理由6つ

1.恋愛よりも仕事を優先にしているから

 

「私のこと嫌い?」次のデートの約束を保留にする男の理由と対策

 

仕事で呼び出しがあったら彼女に申し訳ないという理由から、約束を保留にする男性も多いです。彼女への配慮もありますが、どちらかというと恋愛よりも仕事を取る男性に見受けられます。仕事と言われたら、反論する余地はなくなってしまうため、関係によっては仕事を持ち出す人もいます。

 

2.仕事が忙しいので、家でゆっくりしたいから

彼女と一緒だとやっぱり気を遣わなければならないので、一人の時間を求めている男性に多い理由です。しかし、明らかに一人でいたいという理由でデートの約束をしないのは、彼女がかわいそうと思う人も。この場合は、何らかのを理由をつけて、デートを先延ばしにします。

 

3.いつでも会えるからその日に会う必要がない

 

「私のこと嫌い?」次のデートの約束を保留にする男の理由と対策

 

誕生日や記念日ならまだしも、デートをする必要性が低いと思われると、次のデートの約束をうやむやにしたがるのも男性。男性は本来、目標や目的があってこそモチベーションにつながる特徴もあります。特に、付き合いが長くなってきてからの目的を決めないデートは、行く意味が見えなくなる場合もあります。

 

4.万が一のことを考えたリスクを回避したいから

仕事だけではなく、友達との約束や家族などの用事が入るかもしれないという場合、デートの約束をドタキャンする羽目にもなりかねません。悪者に思われたくないことから、約束をしないでおこうという考えです。

 

5.会いたい時に会うほうが良いと思うから

 

「私のこと嫌い?」次のデートの約束を保留にする男の理由と対策

 

自分のテンションが高まって、会いたいと思う時のほうが、良いデートができると考えている人に多い理由です。せっかくのデートを万全の状態にしたい!彼女に喜んでもらいたい!と前向きに考えている場合もあります。

 

6.自分のスケジュールを管理していないから

手帳を持っていないなど、そもそもスケジュールを管理する習慣がないため、約束ごとが難しい場合も。「次のデート?今すぐに返事できないから、あとでメールする」ということも日常茶飯事です。行き当たりばったりな行動をしがちです。

 

会う価値を高め、決断を早めてもらう工夫を

 

「私のこと嫌い?」次のデートの約束を保留にする男の理由と対策

 

どんな理由があろうとも、次の約束できないのは、彼女のストレスにもなりかねません。彼がデートの約束を保留にしない方法とは何なのでしょうか?たとえば1か月に4回会うデートよりも、年に2,3回くらいしか会えないデートのほうが、デートの価値は高まると思いませんか。遠距離恋愛のようになかなか会えない関係なら、会う理由・キモチの高まり・スケジューリングもお互いバッチリ合わせられるはずです。このことから、前はちゃんとデートの約束はできていたのに、最近は保留になるという彼の場合、デートに対する価値が下がっていると考えられます。何よりも優先してくれるようにするなら、デートの回数や行き先も改めてみましょう。マンネリを感じていたら、無理に合わなくてもよいと割り切りましょう。

 

さいごに

 

「私のこと嫌い?」次のデートの約束を保留にする男の理由と対策

 

次のデートの約束を保留にしたがる理由をまとめると、デートの優先順位が下がっていることが考えられます。下がってしまう原因のひとつに、「会いすぎること」があります。会いすぎると相手に対して、これくらいの理由ならいいかという甘えも出やすくなります。デートの回数を減らすなどの対策もしてみましょう。また1つ1つのデートの目的をはっきりさせてみてください。「〇〇のためのデート」のように計画を立ててみても面白いですね。彼がどんな約束よりも優先してくれるデートを考えてみましょう。