結婚後に苦労する?高学歴&高収入の男性でも注意すべきポイント

 

結婚後に苦労する?高学歴&高収入の男性でも注意すべきポイント

結婚後に苦労する?高学歴&高収入の男性でも注意すべきポイント

 

「結婚するなら普通の人でいい」と思いつつも、婚活をしているとどうしても相手の条件に目がくらんでしまう・・・という女性も少なくありません。特に高学歴で高収入の男性なら、将来も安泰と思いがちですが、安易に結婚すると後悔をしかねない相手ともいえます。いかにもスペックがよさそうな男性の見極め方や、どのような点に注意してお付き合いをしたらよいかをお伝えします。

 

高学歴・高収入男を完璧とみなしてはダメ

 

結婚後に苦労する?高学歴&高収入の男性でも注意すべきポイント

 

婚活市場でも注目される、高学歴で高収入の男性。彼らは社会的に高く評価され、ある意味で完璧な人たちです。女性からも、恋愛でも完璧そう!と期待されることもある彼ら。その分、ちやほやされることに慣れている人や、女性を見下していたりする人もいるのが事実。仕事もできて、表面的には申し分なし。それ故に「付き合いたい」と、思える相手に見えてしまうこともあります。しかし、ハイスペックな条件だけで付き合ってしまうと、内面を知った時のガッカリ感も否めません。後々「やめとけばよかった・・・」と、後悔することは避けたいですよね。ハイスペックな男性を射止めたい、でもどうしたら恋愛でも”よい人”を探すことができるのでしょうか。

 

恋愛経験値が低すぎると結婚も難しい

 

結婚後に苦労する?高学歴&高収入の男性でも注意すべきポイント

 

恋愛に慣れているかどうかは、付き合う上でも重要です。特に30代で彼女いない歴も年齢どおりな相手は、何か理由があって女性とのお付き合いができない場合も。高学歴&高収入の男性においては、スペックの高さからとてもモテる人と、全くモテない人の2パターンに分かれます。モテすぎる人を狙うのは大変だし、かといって全然モテない人は不安というのが女子の本音。その中間を見極めるにはどのように考えればよいのでしょうか。

 

たとえば30代男性で、元カノが最低1人もしくは2人いたことがある彼なら、恋愛経験値はそこそこあると考えられます。さらに、どのくらい付き合ったかという点も重要です。2人いてもすぐに破局してしまったら、付き合うのが難しい相手かもしれませんし、1人でも10年くらいの付き合いができれば、経験値は高めとも考えられます。気になるハイスペック男性との会話では、過去の恋愛歴も参考にしてみてください。もしもデートに行くようなことがあったら、振舞い方から女性に慣れているかどうかもチェックしてみましょう。実際に付き合ってみると、いろいろなことがわかってきます。そこで、ハイスペック男性でも、こんな男はやめたほうがいいと思う相手をご紹介します。結婚前に気づくことができれば、その後の苦労も少なくなりますね。

こんな男には注意!結婚後苦労する男

1.プライドが高すぎる男

 

結婚後に苦労する?高学歴&高収入の男性でも注意すべきポイント

 

自分の意見が100%正しいと思っているので、自分の言ったとおりにしてくれないとイライラしがち。男はプライドがあってこそ、魅力的に見えることもありますが、プライドが高すぎるのは問題です。結婚をすると「家事なんて女がやればいい」「育児?俺には無理だね」という考えの人もいます。彼のことが大好きで、従順な女性なら問題ありません。結婚後の生活は、彼が主導権を握ることが考えられます。

 

2.絶対謝らない男

 

結婚後に苦労する?高学歴&高収入の男性でも注意すべきポイント

 

ありがとうやごめんねが言えない男は、対立した関係になりがち。デートに遅刻した時に、遅れてきて当たり前の態度は問題です。ハイスペックな男性は少々わがままでも、自分の意見を聞いてくれる人に囲まれているという状況も。だからといって「何をやっても許される」という状況を、彼女として見過ごしてはなりません。結婚後は相手への依存心が高くなり、自由奔放になるリスクもあります。

 

3.本音を隠したがる男

 

結婚後に苦労する?高学歴&高収入の男性でも注意すべきポイント

 

高学歴、高収入という条件に注目されやすい彼らは、自分の意見や本音を出さなくても人との出会いがやってくる場合もあります。それは仕事だけではなく、恋愛でも同じ。そのため付き合うと、自分の考えを話さなかったり、何を考えているのかわからなかったりする相手に。中には、自分を出すことが恥と考えている人もいます。スペックが高くてもお互い本音で付き合えないため、結婚したら仮面夫婦となる恐れもあります。

 

4.細かすぎる男

 

結婚後に苦労する?高学歴&高収入の男性でも注意すべきポイント

 

人が見過ごしてしまうような細かい点にこだわるからこそ、今までも成功してきたという背景がある場合も。しかし勉強や仕事なら細かくてもよいですが、恋愛や結婚生活において細かい男は、ハッキリ言って面倒な相手。細かい男は、理屈で物事を考える特徴もありますので、理屈より感情を重視する女性とは、あまり相性がよくありません。恋愛では何が正しいか正しくないかの答えがなく、ふたりがいいと思えば正解になることだってあります。いちいち理由がないと行動できない男性や、具体的に説明しないと納得しない男性とのお付き合いに、疲れてしまう女性も少なくありません。

 

さいごに

 

結婚後に苦労する?高学歴&高収入の男性でも注意すべきポイント

 

高学歴・高収入男の中には、恋愛経験値が低い場合や付き合いにくい特徴がある人もいます。条件にこだわりすぎると、付き合ってみて失敗だったと思うケースや結婚後に後悔するケースも想定できます。条件よりも一緒に付き合える人かどうかは、よく観察したほうが良いといえます。さらに、結婚を考えるなら、どんな人と一緒に生きていきたいかも考えてみてください。そこに「高収入の人や」「学歴がある人」という答えが出てこなければ、高学歴で高収入の条件にこだわる必要もありません。